亜鉛と相性の良い食事と成分|活力サプリ最強おすすめ10選!【活力サプリ比較ランキング】亜鉛と相性の良い食事と成分|活力サプリ最強おすすめ10選!【活力サプリ比較ランキング】

亜鉛と相性の良い食事と成分

亜鉛は熱などに強く、食品に火を通しても減りにくい優秀な栄養素です。そのため食事に幅が出て様々な料理で楽しむことができます。しかしその一方で亜鉛の吸収率は20%程度ととても低いため、なるべくたくさんの亜鉛を摂取する必要があります。
亜鉛の摂取量をなるべく高めるためにも、亜鉛を摂る場合におすすめの食事と成分を紹介します。

牡蠣とレモンの写真

●レモン(クエン酸+ビタミンC)
レモンが酸っぱいと感じるのは「クエン酸」がたくさん含まれているからです。100gあたり6.5gもクエン酸を含有しており食品の中でもトップクラスの含有量を誇っています。
このクエン酸は亜鉛などのミネラルと一緒に摂取することで、ミネラルを吸収しやすくする「キレート作用」があります。また、ビタミンCはキレート作用を高める働きがあるため、クエン酸もビタミンCも豊富に含まれているレモンは亜鉛とぜひ一緒に摂りたい成分です。
亜鉛とレモンと言えば1番に浮かぶ組み合わせは、牡蠣とレモンではないでしょうか。
焼き牡蠣でも生牡蠣でも、牡蠣フライでもどのような牡蠣の料理でもレモンとの相性はバッチリです。牡蠣料理を食べる際にはぜひレモンをお忘れなく。

青椒肉絲の写真

●肉類 (動物性たんぱく質)
肉や卵・乳製品に含まれる動物性たんぱく質も亜鉛とぜひ一緒に摂取したい成分です。
動物性たんぱく質はその名の通り、動物由来のたんぱく質の総称で肉類以外にも、魚介類や卵・乳製品などに含まれており、亜鉛とくっつきやすい性質を持っているだけでなく、亜鉛の吸収を妨げるフィチン酸などの動きを鈍らせてくれる効果が期待できます。
亜鉛は肉類にも豊富に含まれているため、亜鉛と動物性たんぱく質を同時に摂取したい場合にはズバリ肉料理がおすすめです。日常的に食べている肉料理なので、食事のレパートリーは広がりますが1点だけ注意しなければならない点があります。
それは「加工食品」を避けることです。加工食品に含まれている添加物は亜鉛の吸収を阻害する成分が含まれていることが多いため、いくら肉料理でも亜鉛不足になってしまう可能性があります。
肉料理で亜鉛を摂取したい場合には、牛肉と、ピーマンをふんだんに使った「青椒肉絲」や、豚レバーとニラで炒める「レバニラ炒め」などがおすすめです。
牛肉は全体的にどの部位でも亜鉛が豊富ですが、豚肉の場合にはレバーに最も亜鉛が含まれています。またピーマンやニラにもビタミンCは豊富に含まれているため最高の組み合わせと言えるでしょう。

このように亜鉛を効果的に摂取する場合には、「クエン酸」「ビタミンC」「動物性たんぱく質」の3つを積極的に一緒に取り入れることで、少ない吸収率を少しでもアップするようにしましょう。

コラム一覧
活力サプリランキング