今更聞けない亜鉛の良さとは?|活力サプリ最強おすすめ10選!【活力サプリ比較ランキング】今更聞けない亜鉛の良さとは?|活力サプリ最強おすすめ10選!【活力サプリ比較ランキング】

今更聞けない亜鉛の良さとは?

みなさんは「亜鉛とはなんですか?」と質問されたら、どのように答えますか。
多くの人が「体にいいもの」や「ミネラルの一種」「鉄分の親戚?」というように
曖昧な内容で答え、人によっては「亜鉛ってなんだっけ?」といった「亜鉛」という
単語を聞いたことがある程度の知識だと思われます。
みなさんにはまず良いことだらけの「亜鉛」について、いまさら聞けない基礎知識を
中心にご紹介いたします。

意外と身近な場所に存在している「亜鉛」ですが、ご存知の方も多いように亜鉛は
「鉄」や「カルシウム」などと一緒の「ミネラル」の一種です。
よく活力アップや妊活中の男女におすすめの成分として名前が挙がることが多いのは、
亜鉛が人間の体を作るのに欠かせない成分であることが大きく影響しています。
亜鉛は人体の中では鉄の次に多い元素で、
体重70kgの人に対し平均2.3gも含まれており、
人の体の中では主に骨格筋・骨・皮膚・肝臓・脳・腎臓などと体の全体に満遍なく含まれ、さらには最近よく耳にする「酵素」の活性にも働きかけるなど、
様々な働きがあることからどれだけ重要な元素かがよくわかるのではないでしょうか?

具体的に亜鉛は「新陳代謝」「成長」「生殖器」「味覚」「精神」などの
向上目的に使用されることが多く、エネルギー代謝や髪や爪の成長にも
大きな影響があると言われています。

そもそもミネラルというのは
人体を構成する主要な元素の「酸素」「炭素」「水素」「窒素」以外の総称で、
その数は100種類以上もあり、「無機質」や「灰分」とも呼ばれています。
また、ミネラルは「タンパク質」「脂質」「炭水化物」「ビタミン」と並んで五大栄養素の1つに数えられるほど人の体には欠かせない存在ですが、
人の体内で作ることができないため毎日の食事で補う必要があります。

人体を構成するミネラルの中で
「必須ミネラル」と呼ばれるミネラルは16種類ありますが、
厚生労働省はその必須ミネラルの中でも13元素(亜鉛・カリウム・カルシウム・クロム・セレン・鉄・銅・ナトリウム・マグネシウム・マンガン・モリブデン・ヨウ素・リン)に健康増進法に基づいて食事摂取基準を設けており、積極的な摂取を推奨しています。
亜鉛の1日の推定平均必要量は男性で8mg、女性で6mg、
推奨量としては男性が10mgで女性が8mg
と定められおり、
妊婦の場合推定平均必要量は7mg、推奨量は10mgと基準が高く設けられています。
※「日本人の食事摂取基準(2015年版)」

これらは、亜鉛を多く含むと言われている牡蠣を5~6個程度食べることで
補うことができますが、実際には毎日の食事で亜鉛を摂取することが難しく
推奨量に満たない場合がほとんどです。
そのため、毎日の食事で亜鉛を補うのが難しい場合には
サプリメントや栄養補助食品なども活用することが推奨されているようです。
しかし、どのような要素でも言えることではありますが適度に摂ることが大切であり、
過剰摂取も欠乏症も病気の原因となってしまうため注意が必要です。

コラム一覧
活力サプリランキング